未分類

個性的なウェイトレスがいる恐怖の【レストランとらのもん】潜入レポート!!

更新日:

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチタイムでたまたま入ってみた

【レストランとらのもん】

どうやら老夫婦が経営されているらしく

厨房には夫が

ウェイトレスは夫人が仕切っている。

 

内装は昭和を感じさせるレトロな空間、

レストランというよりは

味のある喫茶店といった感じだ。

 

ご注文は??

とウェイトレスが

水の入ったグラスを独特の空気感で置いてくる。

10秒ほど沈黙を保ったのち

カツカレーを注文した。

 

隣の席には

はじめて来たであろうビジネスウーマンが

テーブルの上にPCを準備し

なにやらノートに書き込んでいる。

 

 

 

 

この日は雨のためか

ランチタイムにも関わらず客は3組しかいない。

 

程なくカツカレーが思ったより早く

テーブルへと運ばれたきた。

丸い器に少しのサラダが一緒になった

昔ながらのカツカレー。

 

 

うん。

味も懐かしい味だ。

あれっ!?スプーンがない!!

先に食べ終わったテーブルを覗くと

そこにもスプーンはない。

どうやらこのウェイトレス、フォークは出さない。

で徹底しているようだ。

 

まあ、カレーはごはんに染込ませれば

食べれないことはない。

 

そこで我々は目を疑うような光景を目にする!

 

 

 

 

 

 

食べ終わった1組目が帰りテーブルから皿を厨房付近へ持っていくが

あのウェイトレスが残飯を処理した後

なぜかティッシュのようなもので皿をふき取っている!!!

 

 

なぜだぁ!!!

なぜ?が頭の中を5周もしていた。

 

 

 

この皿も??

まさかな・・・

 

 

そんな疑惑を抱いていると

ヤバイ!

ちょっと目が合ってしまった。

直ぐに目線は隣のビジネスウーマンのPCへ!!

 

「水をお注ぎしましょうか」

 

なんだ水かよ・・・

 

 

 

 

次の瞬間、水を注ぎながら

不気味な笑みを浮かべ、

ウエイトレスはこう口にした。

 

「今日は雨が降ってくれたお蔭で外のタンクが潤ったのよ」

「いつもは2万円取るけど今日はタダよ」

 

 

この言葉には

隣のビジネスウーマンも凍り付いた。

 

 

なにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ

 

 

 

こっこっ・・・

これはいろんな意味でいかん!!

しかも冗談なのか冗談じゃないのか

全く読めない・・・

 

 

隣のビジネスウーマンは

PCの電源を落としにかかっているが

「プログラムを更新しています」でなかなか電源が

落ちそうもない。

 

ご指摘通り

グラスに注がれた水は

よく見たら透明ではない気がしてきた。

 

会計を済ませて早くここを出よう!!!

伝票へ1万円を渡して

待っていると300円しか返してこない。

 

うわああああああああああああー!

 

 

するとウエイトレスがこう言った。

 

「皿洗いでもしていきます?」

 

1000円札を何枚か出すそぶりを見せ

こちらを伺ってきた。

 

 

だんだんこの面倒くさいやり取りに

腹が立ってきた。

 

5000円札を出した時点で

一気につかんで奪ってやるっ!!

 

お札をつかむのはつかんだが

このババア

手を放す気は無いらしい。

 

後ろのほうで

ビジネスウーマンは血相を変えて

PCと傘をバタバタしまい始めている。

 

5分ほど小競り合いが続いたのち

奪取に成功すると

 

「そのお札は店から外に出たら葉っぱに変わるわっ」

 

だって。

はい。ご馳走様でした!!

 

A8トリバゴ

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© キジトラ.com , 2020 All Rights Reserved.